野々池中学校より2名の生徒が賃貸館に「トライやるウィーク」でやってきた!トライやるウィークも今回で10年目と聞きました。これからも地域に密着し、ご協力出来る企業を目指して行きたいと思います。その体験記をご紹介いたします。一週間のまとめを生徒自身で作成したホームページです。
   
 
地図から物件を探し撮影してきた写真です。どうです、イイ写真がとれたでしょう。


ここで今回参加したお二人のご紹介!賃貸館ってどんなところ?を素直に答えてくれました。

 
[野々池中学校]鳴瀬 達
来る前に思っていた賃貸のお仕事って?
物件を探して、その物件をいろいろな人に貸し出して、お金をかせいでそのかせいだお金をいろいろな企画などに使う。
将来は、料理人やパティシエになりたい。
料理が好きだし、いろいろな人においしいと言われると嬉しいから。
[トライやるウィーク]が終わっての感想

トライやる・ウィークが終わって思った事はやっぱり仕事は、難しかった事です。最初は楽しかったけど後のほうになると結構本格的な仕事をやらせてもらい忙しくなってきたけど、結構悩んだけど、こんな仕事をやらせていただいて大変嬉しかったです。
この5日間失敗もしたけど一生懸命やれたと思います。

[インターネットで調べた自分の成分分析結果]
鳴瀬達の55%は華麗さで出来ています
鳴瀬達の33%は言葉で出来ています
鳴瀬達の7%はお菓子で出来ています
鳴瀬達の5%は濃硫酸で出来ています

 
[野々池中学校]最上 健
来る前に思っていた賃貸のお仕事って?
家を貸して1ヶ月に一度利益を得る仕事だと思います。そのお金でまた新しい部屋を探したりする。残りのお金は自分の利益にする。
将来は、テニスを教える人がいいです。
理由は、みんなにテニスをしってもらいたいからです。
[トライやるウィーク]が終わっての感想
トライやる・ウィークを終えて思った事は、自分で責任を果たすという事を学びました。「自分で責任を果たす」ということは難しくもありませんが、簡単でもありません。それを失敗すると来年くらいまで「あいつはだめだ。この前失敗したから。」などと覚えられてしまいます。「人間、生きていたらだれでも失敗はする」ということばがありますが、世の中そんなに甘くは無いとわかりました。
このことを将来に生かしていきたいとおもいます。この5日間充実した日々を送れたと思います。
[インターネットで調べた自分の成分分析結果]
最上健の67%は小麦粉で出来ています
最上健の26%は利益で出来ています
最上健の4%はお菓子で出来ています
最上健の3%は成功の鍵で出来ています

この一週間でやったお仕事
チラシ案作成
チラシ作りは1日目の午後にやりまして駅前等に行きいろいろな会社のチラシを基にして自分たちで自分たちだけのチラシ作りました。でもチラシを考える事は簡単でわなく、外の会社のチラシは、ダジャレなど、覚えやすそうにしていて表紙もわりと派手にしているところもありましたけど自分たちが、いざチラシを作るとなればそのまま写しそうになり、なかなか作れませんでした。全然思いつかなかったけど、書けるようになったヒントは、どこに、なにをおけばいいかです。あとはコツをつかんでがんばってチラシをつくりました。

物件カード制作
この写真は2日目の午前にやりました、物件カード制作のため、物件写真撮りにいっている後ろ姿です。こういうところが賃貸の仕事の面白いところです。といっても、これは仕事なので、楽しみながらもちゃんとやりました。ここで大切なのは、地図の見方です。地図の見方が苦手だと結構この仕事は苦しいと思います。物件写真撮りに行ったのは、4つのビルでした。
ここでもう1つ大切なのが写真を撮る角度です。撮る角度が、かわってくると、かっこよさが変わるということがわかりました。いくら良い家で設備が整って安い家賃、しかも信頼できるところの家でも写真を撮るのが下手だったらお客さんが目をつける前に「ここはだめだほかにしよう。」ということになってしまいます。写真を撮るということこれだけ大事なことがわかりました。そして最後に物件写真撮りも終わり「物件カード制作」という任務も無事終わりました。

トライやるウィークHP作成
<鳴瀬>
ホームページを作った日にちは、トライやる・ウィーク3日目と4日目で作りました。パソコンで字を打つのは苦手でなかなか前に進まず困ってたけど友達が手伝ってくれたりしので少し時間がかかったけど、一生懸命ホームページを作りました。
<最上>
今回のホームページ作成で、ホームページを作るには、国語と英単語が必要だということがわかりました。国語は文章を書く力、英単語はプログラムが英単語で、できているのでもちろん英単語が必要になります。なぜ僕たちがホームページを作ったかというとこれからは、パソコンを使うのが、普通になってくるからです。この文章とかをつくるのは、大変だったけど今回の経験は大きいものだとおもいます。

株式会社 賃貸館 グループ本社 SF事業部